ご祝儀について学ぶブライダル入門

ご祝儀について ブライダル入門

ウエディング

ブライダル入門としてまず学ぶべきはご祝儀です。これを理解しておかなければ結婚式の予算を組むことができませんし、またご祝儀はゲストが用意するものなのでどういったマナーがあるのかを理解しておかなければ新郎新婦に対して失礼にあたります。まずはブライダルの基本としてしっかり理解しておきましょう。

ご祝儀というのは新郎新婦へのお祝い金として結婚式に列席するゲストが包むお金のことです。専用の袋にお金を入れるのですが、相場としては家族が5万円、友人や職場の同僚などが3万円というのが一般的です。結婚式において注意しなければならないのは割り切れる数字を避けるということです。そのため金額は必然的に奇数となります。また事前に用意していたということを示すためにも必ず新札を用意するようにします。

専用の袋にお金を包み、結婚式当日の受付でそれを渡します。新郎新婦はいただいたお金を結婚式費用の一部として考えるため、実質費用の負担は全体の半分にもいかないという場合がほとんどです。そのため新郎新婦はどれだけのお祝いをもらうことができるのか、また自分たちでどれくらいの予算を用意することができるのかという累計額から計算をして、結婚式を実行していく必要があります。