ブライダル入門 余興を行う際の段取り

ブライダル入門 余興の段取り

新郎新婦

結婚式では教会や神社など神前での挙式の他に、親族や友人などを招いた披露宴やパーティーを行うこともあります。今回は披露宴やパーティーで行われる余興についてブライダル入門のためになる情報を紹介します。

まず余興はあらかじめ参加者や内容が決まっているものと、当日飛び入りで参加するパターンがあります。また新郎新婦や発起人の依頼で行われるものと、新郎新婦に知らせずにサプライズで行うものなどもあります。

事前に参加することが決まっている場合は、持ち時間などを考えながら何を行うか考えていきます。道具を準備したり照明や音楽の使用など、会場に手配が必要な場合は決まってから早い段階で式の責任者に伝えなければなりません。当日急に依頼するのは会場側も困惑するので避けなければなりません。

そして余興の内容は、ブライダルにふさわしいものを選択する必要があります。参加者の中には親族や新郎新婦にとって目上の人がいる可能性も考えて、できるだけ年代や性別を問わず楽しめる内容にすることが大切です。心配な場合はあらかじめ新郎新婦に確認を取ってから行うと安心です。サプライズの場合も会場の責任者のは事前に伝えておくと、スムーズに段取りを進めることができます。