ブライダル入門「花嫁が着る振袖」

ブライダル入門 花嫁が着る振袖

花嫁

ブライダルの入門として知っておきたいのが、花嫁が身につける衣装についてです。結婚式というとウェディングドレスを着た洋装の花嫁が定番ですが、最近では和婚と呼ばれる和のテイストを取り入れたスタイルの結婚式も増えてきています。和婚で花嫁が着るのは、白無垢や色打掛といった和装です。その花嫁のブライダル衣装の1つに、引き振袖があります。

振袖は未婚の女性の第一正装と言われていますが、現代では着る機会はあまり多くありません。成人式や卒業式、結婚式に招待された時に何度か着るくらいです。ただ、日本の伝統的な衣装なので着用すると改まった気持ちになるという人も多く、お祝い事など晴れの日にはふさわしい衣装ではないでしょうか。また、華やかな柄が多いので、和装を身に着けている女性がいると周囲が明るくなるような魅力もあります。

引き振袖は通常のものとは違って、花嫁が身に着けるものとされています。おはしょりがされておらず、裾を引きずるように着るのが特徴です。裏地が見えるように、派手な色合いにもなっています。元々は武家の婚礼衣装として広まったもので、お引き摺りと呼ばれることもあります。黒が定番ですが、白や水色、ピンクなど様々な色があります。