ブライダル入門としてのフォーマルの選び方

ブライダル入門としてのフォーマルの選び方

新郎新婦

大人になればTPOを意識しなければいけないシーンが出てきて、着る服に迷うこともあるはずです。特にブライダル関係は招待されることも増えて、男女ともにフォーマルウェアについて知っておく必要がでてきます。

ブライダル入門として男性の場合、スーツとネクタイになります。ただし色や素材に拘る必要があり、基本は黒ですが、グレーやネイビー、派手になりすぎなければストライプも問題ありません。またスリーピースもおすすめで、ジャケット・ベスト・スラックスの3点セットはより高級感を出してくれます。オシャレポイントとしてはネクタイやポケットチーフに拘るのがよいですが、派手になり過ぎないようにすることが大切です。

女性の場合はドレスやワンピース、スーツの場合は普段より明るい色や華やかなタイプを選ぶようにしてください。露出を控える、白色を選ばないようにすることがマナーです。また動物柄や革製品、毛皮やファーは殺生をイメージするので避けた方が良いと言われています。

基本を守れば失敗することがありませんので、フォーマル関係の衣装に関しては個性よりも協調性を考えて選ぶと失敗しません。ベースをシンプルに、慣れてきたらアクセサリー類で個性を出すのがおすすめです。

ブライダルマナーの入門とネクタイのこと

写真を撮る花嫁

結婚式において、新郎新婦だけではなく参列するゲストたちにも守るべきマナーがあります。社会人になると、結婚式に呼ばれる機会もグッと増えてきますから、恥ずかしい思いをしたり相手に失礼のないように、ブライダル用のネクタイの選び方などを把握しておきましょう。

まず入門用に覚えておきたいのが、ネクタイの種類です。一般的なものはレギュラータイ、礼装にもぴったりなボウタイ、昼の礼装用のアスコットタイなどがありますね。新郎はこれらの中から、花嫁のウエディングドレスのデザインのバランスや自分の衣装との相性を考えながら選ぶといいでしょう。具体的にはアスコットタイにはモーニングコート、タキシードにはボウタイといった具体です。花嫁のブーケと対になっているブートニアや、ポケットチーフなどの小物とも合わせてみましょう。

結婚式のゲストのネクタイは、白っぽい色か、薄めのカラーのものならいいでしょう。黒はお葬式を連想させる色ですし、アニマルプリントは殺生を連想させるので、ブライダルにはそぐわないものです。気を付けてくださいね。ボウタイを選ぶ場合は披露宴限定にした方がいいかもしれません。最近のトレンドだとアスコットタイに人気が集まっています。